当事務所の解決事例


※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないようにイニシャル及び内容を編集しております。
なお、あくまで参考例であり、事案によって解決内容は異なります。

ここでは当事務所が取り扱った交通事故についての解決事例の一部を掲載しております。

※実際に当事務所で取り扱った事例ですが、被害者の方が特定されないように、一部をあいまいにしている箇所等がございますことをご了承下さい。

ここでは、当弁護士事務所が取り扱った事例の一部をご紹介させていただきました。当弁護 士事務所では多数の交通事故の案件をお取り扱いしておりますので、詳細は弁護士までお問い合わせ下さい。

 

 

 

全20件表示中
受傷部位で絞り込む
  • 1
  

保険会社の治療打切りを回避して後遺障害14級に認定された事例

ご依頼後取得した金額
約265万円
受傷部位首(頚椎捻挫)、腰(腰椎捻挫)
等級併合14級

  • 2
  • 下肢(足・足指)
  

後遺障害14級9号が認定された個人事業主の事例

ご依頼後取得した金額
約190万円
受傷部位腰(腰椎捻挫)、左肩(左肩関節捻挫)
等級併合14級


50代自営業

詳細を見る
  • 3
  

異議申立てをして後遺障害14級9号が認定された事例

ご依頼後取得した金額
約200万円
受傷部位首(頚椎捻挫)
等級14級9号

  • 4
  • 上肢(肩・腕・手)
  • 頭部・脳
  

高次脳機能障害等で併合8級を獲得し、紛争処理センターを利用して約4200万円を獲得したNさん(20代男性)の事例

ご依頼後取得した金額
約4270万円
受傷部位頭部(外傷性くも膜下出血、右前頭葉脳挫傷)、右腕(右橈骨尺骨遠位端骨折など)
等級併合8級


20代会社員

詳細を見る
  • 5
  

一度目の後遺障害申請で非該当となったものの、異議申立てにより14級9号が認められたTさん(50代会社員)の事例

ご依頼後取得した金額
約253
受傷部位首(頚椎捻挫)、腰(腰椎捻挫)
等級14級9号


50代会社員

詳細を見る
  • 6
  

訴訟において過失割合を3割から1割に減らすことに成功し、内縁の配偶者についての主婦休業損害も認められたMさん(50代女性)の事例

ご依頼後取得した金額
約90万円 ※治療費を除く
受傷部位首(頚椎捻挫)、腰(腰椎捻挫)


50代主婦

詳細を見る
  • 7
  

弁護士に依頼して約1カ月で賠償金が2倍以上になった事例

ご依頼後取得した金額
360万円
受傷部位首(頚椎捻挫)
等級14級9号

  • 8
  

債務不存在訴訟を提起されたが、反訴提起して後遺障害14級が認定された事例

ご依頼後取得した金額
約340万円
受傷部位首(外傷性頸部症候群)、腰(腰椎捻挫)
等級併合14級

  • 9
  

異議申し立てにより非該当から14級9号が認定された事例

ご依頼後取得した金額
約330万円
受傷部位首(頚椎捻挫)
等級14級9号


30代会社員

詳細を見る
  • 10
  

症状固定後、通院していないケースで異議申立により14級が認定された事例

ご依頼後取得した金額
約300万円
受傷部位首(頚椎捻挫)
等級14級9号


30代会社員

詳細を見る
  • 11
  

右直事故の直進車で、過失割合5:95にて解決した事例

ご依頼後取得した金額
受傷部位腰(腰椎捻挫)など
等級なし


50代自営業

詳細を見る
  • 12
  • 上肢(肩・腕・手)
  

後遺障害5級で将来介護費用を1日2000円獲得した事例

ご依頼後取得した金額
約2000万円
受傷部位右腕(右上腕骨骨折)、左腰(左寛骨脱臼骨折)など
等級併合5級


80代主婦

詳細を見る
  • 13
  • 下肢(足・足指)
  

事故時、無職だったが賃金センサスにより逸失利益を2000万円以上獲得した事例

ご依頼後取得した金額
約2550万円
受傷部位股関節(外傷性恥骨結合離開)
等級併合9級(右股関節の可動域制限で10級11号、左股関節の可動域制限で10級11号に該当)


30代会社員

詳細を見る
  • 14
  • 下肢(足・足指)
  

裁判をせずに裁判基準以上の慰謝料を獲得した事例

ご依頼後取得した金額
約300万円
受傷部位右足(右脛腓骨骨幹部骨折)
等級なし


10代学生

詳細を見る
  • 15
  

約3カ月通院して慰謝料を裁判基準で解決できた事例

ご依頼後取得した金額
約65万円
受傷部位首(頚椎捻挫)、腰(腰椎捻挫)
等級なし

  • 16
  

代行会社の追突事故でむちうちの後遺障害が認定された事例

ご依頼後取得した金額
345万円(自賠責保険含む)
受傷部位首(頚椎捻挫)、腰(腰椎捻挫)
等級弁護士の申請で14級9号を獲得(首痛)


30代会社員

詳細を見る
  • 17
  

弁護士を交代して、自営業で休業補償を獲得した事例

ご依頼後取得した金額
127万円
受傷部位首(頚椎捻挫)
等級なし


40代自営業

詳細を見る
  • 18
  

むちうちで入院して、後遺障害が認められた事例

ご依頼後取得した金額
385万円(自賠責保険を含む)
受傷部位首(頚椎捻挫)、腰(腰椎捻挫)
等級弁護士による手続により併合14級が認定(頚部痛14級9号、腰部痛14級9号)


20代会社員

詳細を見る
  • 19
  • 上肢(肩・腕・手)
  • 下肢(足・足指)
  

弁護士に依頼して、橈骨骨折の後遺症が補償された事例

ご依頼後取得した金額
約850万円
受傷部位左腕(左橈骨骨幹部骨折)、肋骨(肋骨骨折)、膝(両膝挫傷)
等級弁護士の申請で併合14級を獲得(左ひじ痛,左ひざ痛)


50代会社員

詳細を見る
  • 20
  

弁護士を変えて、1か月かからずに示談が成立した事例

ご依頼後取得した金額
60万円
受傷部位首(頚椎捻挫)、腰(腰椎捻挫)
等級なし


40代会社員

詳細を見る

全て表示 全20件表示中
受傷部位で絞り込む




なぜ交通事故は弁護士に依頼すべきなのか?

お問い合わせ Web予約